夏が近い

所謂雑記。音楽の話。

森は生きている解散に寄せて

森は生きているが解散した。10/25に「今日のライブが最後です」とMCで突然言い、そのまま解散したらしい。

この知らせに驚いた僕は「え、嘘?」と言うしかなかった。信じられない。

 

これはあまりにも勿体無い解散だと思う。だって彼らは今の日本のインディーバンドの中で、ぶっちぎりで面白いことをしていたバンドだったから。次はどんな音を鳴らしてくれるのか、ずっと期待していた。

そんな中での解散である。僕はこの知らせが悲しくて、解散発表からは森は生きているばかり聴いている。

 

今後の活動が無いため、これから新しく森は生きているを知る、という人は減るだろう。だから、この記事を使ってこのバンドのことを少し紹介したいと思う。

今からでもこの稀有なバンドに出会ってほしい。

 

 

---------------------------------------

 

2013年

 

夏頃、突然このバンドが各所で話題になり始めた。雑誌のレビューに、「森は生きている」という変なバンド名と「シティポップ」「フォーク」「はっぴいえんど」「東京インディー」「くるり」などのキーワードが飛び交っていた。

この手のキーワードが大好物な僕はすぐに飛びつき、彼らのデビューアルバム『森は生きている』を聴いて衝撃を受ける。

 

f:id:ak94gpac:20151107202102j:plain

 

youtu.be

 

 

フォークを筆頭に、カントリー、ソフトロックなんかの色が強いこのアルバム。人によってはゆったりしすぎて退屈、という感想を持つだろうが、はっぴいえんどやインディーフォークが好きな人には本当におすすめ。

穏やかなサウンドが特徴的だが、「ロンド」などの曲ではかなり刺激的なアンサンブルが聴ける。

 


森は生きている「ロンド」 at 三鷹おんがくのじかん 18.May.2013 - YouTube

 

まあ、出てきた時の森は生きているへの評価は、世間としてもこんな感じだった記憶。いい感じのインディーフォーク、ポップを鳴らすルーツ色が強いバンド。

 

自分も「いいバンドが出てきたな~」と喜びながらこの1stを繰り返し聴いていた。

 

 

 

2014年

 

 

夏に入るあたりからだったか、森は生きているについての噂が流れてきた。フェスのセットリストがとんでもないことになっているというものだ。

この年のRock In Japanに出演した彼らの演奏時間は30分。演奏されたのは「煙夜の夢」たった1曲。持ち時間を全てこの組曲に使ったらしい。

 

自分はこの流れにワクワクしながらも一抹の不安を覚えていた。おそらく不安でいっぱいだった人もたくさんいただろう。大好きなフォークバンドが突然組曲だけでフェスに出てるなんて言われて不安にならない人は変態である。

 

そんな期待と不安が渦巻く中、2ndアルバム『グッド・ナイト』が発表され、噂の「煙夜の夢」がリードトラックとして公開された。

 

f:id:ak94gpac:20151107202150j:plain

 

youtu.be

 

 

17分3部構成の組曲がリードトラックというのは、商業的自殺行為でしかないと思う。歌が入るまで6分かかるし。森は生きているが2ndを売ろうとしていたかすら怪しい。

でもここまではお金の話。肝心の曲だが、素晴らしい。フォーク、アンビエント、ロック、サイケデリックなどなどが混ざり合い、静謐な場面、歪んだギターが鳴るダイナミックなロックパート、牧歌的な雰囲気など様々な音像を創りだしている。この曲に限った話ではないが、ポストプロダクションにとてつもない労力をかけたらしい。

これ以上偉そうなことは書けないけれど、名曲。

 

結果的に『グッド・ナイト』は(セールスを除けば)成功したアルバムだと思う。「煙夜の夢」がかなり強い、この曲のためのアルバムとも感じてしまうが、彼らのイメージからは遠いハードロックのようなリフが飛び交う「影の問答」や、最後のドローンが美しい「磨硝子」などのインパクトも強く、粒揃いである。

 

しかし当然こんなアルバム、賛否両論である。誰か今からでも聴いて意見を聴かせてほしい。

 

ちなみに、『グッド・ナイト』リリースツアーのライブ音源がこちら。即興・ノイズにまみれている。本当に日本のバンドかよ。

 


森は生きている - "Good Night Tour" Live at Shibuya Club ...

 

---------------------------------------

 

森は生きているは、上記の2枚を残して解散となった。

 

ちなみに、今度『グッド・ナイト』のLPがリリースされる。それが最後の作品だろう。かなりミックスを直しているようで、リーダーの岡田氏は「未完成だったアルバムは、これでようやく完成」と言っている。こんなことを言われてしまうと買いたくなってしまうが、こちとらレコードプレイヤーなど持っていない現代っ子である。

誰か再生環境がある人、手に入れたら連絡下さい。遊びに行きます。というかレコードプレイヤー欲しい。

 

 

長くなってしまったので、森は生きているの紹介を終わる。今まで縁が無かった人はぜひ聴いてみてほしい。いくつかの映像はリンクURLしか貼れなかったが、ぜひ。

 

最後に僕が彼らを大好きになったライブ映像を貼っておく。

1stアルバム『森は生きている』より、「帰り道」

 


森は生きている - 帰り道 @ 月刊ウォンブ! Vol.2 - YouTube

 

2015年上半期ベストアルバム①

 

今年も多くのアルバムといくつかの名盤が世の中に送り出されました。

今回は2015年上半期に聴いて良かったアルバムをいくつか紹介します。Twitterでは年間2回ほど私的ベストアルバム書いてたんですが、こうやってブログにまとめたほうがいいかな、と思い今後はこちらでやります。

今年の新譜全然聴いてねえや、って人はどうぞ参考にしてください。

 

なお、今回は上半期ベストなので順位は無しです。年末の年間ベストはランキングにします。

 

それでは、やります。

 

 

Florence + The Machine - 『How Big How Blue How Beautiful』

f:id:ak94gpac:20150710112031j:plain

 

 

フローレンス・アンド・ザ・マシーンの3rdアルバムです。先日のグラストンベリーフェスティバルではFoo Fightersの代役として初日のヘッドライナーでしたね。

このアルバムで初めてFlorence聴きましたが、予想より聴きやすかったです。少しダークな感じはありますが、力強く意外とキャッチー。

 

そして何よりこのアルバムは曲も統一感もすごい。捨て曲が無いアルバムとはこれのことだ!って感じ。

 


Florence + the Machine - Ship To Wreck ...

 

こちらはそのグラストンベリーでのパフォーマンス。アルバムの1曲目「Ship To Wreck」。最近こういうパフォーマンスする人いない気がする。かっこいい。

 

 

 

cero -『Obscure Ride』

f:id:ak94gpac:20150712153627j:plain

 

こちらも3rdアルバム。日本のバンドceroです。

このアルバムについては以前もブログに書きましたね。本当に凄すぎます。

個人的にはM8「Roji」からの後半の流れが最高。ディープなcero流ブラックミュージック。M10「夜去」がベストトラックかな。

 


cero / Summer Soul【OFFICIAL MUSIC VIDEO】 - YouTube

 

 

 

Jamie xx -『In Clour』

f:id:ak94gpac:20150712171657j:plain

 

こちら、イギリスのThe xxの頭脳Jamie xxの初ソロアルバム。

The xxの他の2人も参加していて、何それもうThe xxでいいじゃん

 

このアルバムは全体的に深い叙情性に覆われています。深夜のベッドルームで1人で聴きたい極上のハウスアルバム。

 

叙情的すぎてどうなの、と言ってるダンスフロアの住人達も見受けられますが、そんなの知ったこっちゃない。チルアウトしようぜ。

という、ダンスフロアに行かない僕の戯言。

 


Jamie xx - Sleep Sound - YouTube

 

 

 

 

Noel Gallagher's High Flying Birds -『Chasing Yesterday』

f:id:ak94gpac:20150713160000j:plain

 

世界の兄貴、ノエル・ギャラガーのソロ2ndアルバム。

ノエルのソングライディングはこのアルバムでも衰えません。そしてOasisからは遠のいている。

Oasisが1番!という人はもしかしたら好きじゃないのかも。

 

しかし、ノエル節全開の哀愁バラードや、ダンスロック、90年代を思い出させるロックンロール、果てはスペースジャズ(ノエル談)まで揃った傑作ですよ、本当に。

 


Noel Gallagher's High Flying Birds - Ballad Of The ...

 

この曲にはジョニー・マーがギターで参加しています。

そういえばノエルとマー氏はフジロックで同じ3日目に出演なんですよね。

共演ありそう…フジロック行きてぇ…

 

 

 

こんな感じですかね、上半期ベストは。あとはAlabama Shakesもよかったな。

 

そしてここまで書いて気づきましたが、この4枚すでに各所で話題ですよね。わざわざここ読まなくてもいいじゃん。

 

ということで、次の記事で「そんなに話題になってなかったけど良かったアルバム」を書きます。

 

お楽しみに…

 

なめてた

 

僕は映画を観に行きたいと思いながら結局行きそびれるタイプの人間である。

インターステラー観たいと何回言ったか分からないが、結局観に行かなかった。忙しくて行けなかったと記憶しているが、実際のところはただの出不精のせいだと思う。

大学とバンドがなければ引きこもりになりかねないタイプかも。タワレコだけは行くけど。Jake Bugg以来、試聴機の出会いを信じてるから。

 

閑話休題

 

そんな映画館に行かない僕が約1年ぶりに映画を観に行ってきた。「セッション」を観てきた。いまさら。近所の映画館でまだ上映していたので駆け込みで。

 

 

一流のジャズドラマーを目指す学生と鬼教授の話ですね(テキトー)。数々の賞を受賞する一方で、ジャズ関係の方々から「ジャズを馬鹿にしている」と酷評されたりと、話題に事欠かない映画。

 

まあ、確かに演奏シーンではたまに「こいつただものすごく速く手を動かしてるだけじゃね!?」とも思ったりしたけど…ジャズ知らない人からしたら緊張感バリバリ伝わってむしろよかったのでは、とも思ったり。

というかジャズを広めるための映画ではないからそこは正直それほど大事でもないかなと。

 

僕はとしてはなかなか楽しめた。というか正直結構衝撃を受けた。

そんで最初に抱いた感想は「音楽なめてた」。これは演奏する側、作り手側として。

映画なんかにあっさり感化されちゃって…って感じだけど自分のケツを蹴り上げられるいい機会だったかなと。

 

映画観ない奴から言われても、って感じでしょうが、おすすめです。特に音楽やってる人。「手を速く動かしてるだけ」みたいなツッコミをどうしても入れてしまう人以外。

ライブ終了


僕が部長を務めている軽音楽部のライブが土日に行われました。というか部長なんで、行いました。

この軽音部は、オリジナルを作って外部のイベントに積極的に出演するバンドが結構多くいるという、(多分)なかなか奇特な部活なので、コピバンがほぼいない。

人によるとは思うけど、僕はその感じが好きなので楽しく刺激に満ちた週末でした。



そして、僕もライブに出演しまして、そろそろ外部のイベントにも出ようかな、と企んでおります。

よろしくお願いします。特に仙台の人。

下が一昨日のライブ音源です。


https://m.soundcloud.com/sg_astr



もう一つ、ポストロックバンドで出演したんですが、まだまだここに貼れる代物ではないので、またの機会に。

そもそもポストロック全然分からないのにポストロック作ったんだからとんでもない。しかも1曲13分。賛否両論。


とりあえずポストロックディスクガイド買ったので、読んで研究しよう。次の曲は10分以内にするつもりです…。



最近ブログ更新放置してた(というかまだ一回しか書いてなかった)けど、これからは少しずつ更新予定。

よろしく。


Replica

 

 

ブログを始めてみます。どうぞよろしく。

何を書くかあまり考えてないけど、慣れるまでは最近聴いてる音楽についてでも書こうかと思う。試験運転。

 

 

先日にSPRING BREEZEというイベントに行ってきた。ライブは日比谷野音だったから、昼に仙台を発って夜中にまた帰ってくるという、若さ故の強行スケジュール。

 

この端的に言って頭が悪い遠征をしたのは、あまりにも素晴らしい出演者のせいである。

 

トクマルシューゴ

cero

きのこ帝国

Yogee New Waves

 

観るしかない!観に行くしかない!そんなメンツのライブ。

 

 

僕はこのライブでceroに完璧にやられた。他のアクトもとても良かったし、ライブの凄さだけで言えばトクマルシューゴの一人勝ちだったようにも思う。

 

しかしceroインパクトたるや!

 

冒頭から濃い新曲をがっちり聴かせたり、Contemporary Tokyo Cruiseなどで盛り上げてきたりで、ひたすら楽しかった。

 

そんなcero、アルバムを出した。Obscure Ride。このブログ最初の記事はこのアルバムを聴いて思ったこと。(前振りが長い)

 

 

 

このアルバムは「C.E.R.O」という曲で始まる。先日のSPRING BREEZEでも一曲目にやっていた。

これがものすごく濃い。ライブでは訳も分からないまま引き込まれてしまった。

 

そして先週、待ちに待った新作「Obscure Ride」を聴いた僕は、この一曲目で叫んでしまった

 

 

 

 

 

ディアンジェロじゃん!!!」

 

 

 

 

そう、色々なところで言われているが、この曲はディアンジェロを彷彿とさせるのだ。今までのceroとは桁違いに黒い香り。

そしてceroこと“contemporary exotica rock orchestra”は歌う。

“contemporary eclectic replica orchestra”と。

 

 

ここにはさすがに驚いてしまった。ディアンジェロを連想させるような曲をやりながら、自分たちを堂々と"Replica”と称するceroに。

 

 

余談だが、僕は大学でバンドをやっていて、所謂ソングライターのようなことをしている。

そして曲を作るときにはやはり「何かに似ているか」はものすごく気になる。

 

しかし所詮は大学生、圧倒的オリジナリティなどそうそう生み出せず、結果的に何かのレプリカのような曲を作っている。若干の後ろめたさと悔しさと共に。

 

そんな人間からしたら、オリジナリティのある曲を作るバンドなんて神様みたいなものである。

 

ましてやceroだ。

エキゾチックだったり変拍子だったりを組み合わせてめちゃくちゃな展開をしつつもしっかりポップにしていくceroだ。

オリジナリティの塊だと半ば本気で思っていた。

 

 

そんなceroのレプリカ宣言。

 

 

初めは困惑したが、徐々に言いたいことが分かってきた気がする。

 

今回ceroはかなりブラックミュージックに接近しているが、あくまでceroらしさは保たれている。

 

スタイルや構造を他から拝借しつつ独自の切り込み方をする。これをレプリカと表現しているのだろう。

同時にその切り込み方こそオリジナリティである。

 

って思いました。まる。

 

 

作ってる曲がレプリカとか気にするのやめよう、って思った。

何せ「ビートルズ以降新しいものは生まれていない」なんて言う人もいるバンド界隈である。

 

 

cero見習おう。

 

 

 

 

…アルバムの感想書くつもりが、どんどん関係なくなっていってしまった。

文章上手くならないとな。ここで練習します。

 

 

 

おわり

 

 

P.S. ObscureRideめちゃくちゃいいアルバムです。

 

こちらリードトラック

cero / Summer Soul【OFFICIAL MUSIC VIDEO】 - YouTube

 

気持ち良いですね。これからの季節に向けてまたどんどん聴くことになりそう。