読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏が近い

所謂雑記。音楽の話。

もはや恋

 

突然ですが、あなたには好きな曲ってありますか?心の底から好きな曲。

僕にはあります。

 

例えばこれ。

 

煙夜の夢 / 森は生きている


森は生きている - 煙夜の夢 a,香水壜と少女 b,空虚な肖像画 c,煙夜の夢(夜が固まる前)

 

 

心の底から好きな曲です。曲への愛が溢れて止まりません。ここまでくると、17分とかいう阿保みたいな尺さえ愛しいです。聴くたびに頭が真っ白になって「うわぁ…めちゃくちゃいい曲じゃん…」と語彙を欠きながら感動しています。聴いてるとニヤニヤしてきます。なんなら聴かなくても、この曲のことを考えれば楽しいです。「どこが好きなの?」と聞かれたなら、「どこがとかじゃないんだよ!好きなんだよ!」とか叫ぶに違いありません。そのくせ、本気で好きな点を語ろうとします。もう冒頭のコードも音も最高だよね。ドラムが入って混沌としてくるところも好き。このへんはArchimedes Badkarの影響が表れててニヤニヤしちゃうね。管楽器の入れ方には圧倒される。けどもっと圧倒的なのはこの後のロックなパート。まだイントロなのに感動。そもそもこの曲の序盤6分を「イントロ」と言っていいのか疑問だけど(笑)。ロックパートに入る直前に目覚まし時計の音が入るのもいいよね。A Day In The Lifeみたいじゃん。bに入ってからのサイケな音も好き。aの混沌としたパートもだけど、エグいノイズとか入りまくってるのに聴きやすいのはすごい。だけどbは後半のパートが最高。コーラスと楽器の響きが美しすぎる。広がりがある音の重ね方これどうなってんの。bとcの繋げ方はもう違う曲を繋いでるみたいで毎回少し笑っちゃう。けどcが無いとこの曲は終われないよね。夢から覚めたような感覚。「カーブミラーに夢を見た」っていう一言目が何故か好き。ラストのクリーンなギターとフルートの絡みで幸せを毎回噛み締めてる。ていうかこの異常なまでの音数で隙間が多いように聴かせるミックスなんなの、すごすぎ。あ、「17分とかいう阿保みたいな尺」っていうのは「普段5分前後の曲をやっているバンドとして」の話ですよ。プログレは別ですよ。まあこの曲はプログレみたいなもんですけど。

 

 

 

 

 で、最近気づいたんですよ。

 

これって、もはや恋じゃない?と。

 

曲に恋してない?と。



盲目的に溺愛してるこの感じ、好きな女の子への気持ちが溢れすぎてる男子、って感じがすごい。最高に中高生みたい(いい意味で)。

(危ない意味は無いですよ…。例えですから……。)


 こういう感覚になれる曲って、多分500曲に1曲ぐらいな気がするけど、そういう曲に出会えると本当に幸せですね。

 

 

さて、改めて質問です。

 

好きな曲ってありますか?

こういう、半ば恋してるみたいな曲。

 

このブログを見てるのはほぼツイッターのフォロワーさん達で、大多数が音楽好きな人なので、ちょっと聞いてみたくなってこの記事を書いてます。こんなふうに盲目的に好きになる曲ってみんなあるのかな?、と。

色んな人の「この曲が好きだ!」っていう話が聞いてみたい。「あたし他人の惚気話聞くの好きなのよね〜幸せな気分になれるし〜」っていって「わかるー!」と相槌打ちまくる女子みたいな気持ちで、待ってます。

 

 

最後に、僕が最近心底好きになってしまった曲を貼っておきます。

 

Spectres / De Rosa

youtu.be


スコットランドのバンドDe Rosaの新作『Weem』から。結構いいアルバムですが、特に1曲目のこの曲が最高です。

f:id:ak94gpac:20160210210657j:image


ふわっとしてますが、終わりです。2016年も宜しくお願いします。