夏が近い

所謂雑記。音楽の話。

雑感(2017年7-8月)

 

この二か月はあまり音楽を聴けていなかった気がしますが、まとめていこうと思います。

 

ここ最近のアルバムで特に好きだったのは、まずBroken Social Scene!大所帯バンドのかっこよさが詰まりまくってて最高ですね。アルバム前半のパワフルなインディーロックも、後半のテンポを落としたかっこいい楽曲も、すごく良い。

 youtu.be

 

Grizzly Bearもアルバムが出ましたね。

シングル"Three Rings"が発表されたときから「こいつは大変だ!!」とワクワクしていましたが、やはり良いアルバムでした。

Painted Ruins

Painted Ruins

 youtu.be前作"Shields"に比べるとパッと聴いた印象は地味ですが、今作は聴けば聴くほど面白いと感じます。すんごい作り込み。(そもそもShieldsのポップさがすごすぎ…)

 個人的なベストトラックはやはり"Three Rings"ですが、他の曲も本当に良い。

 

 

そしてそして、The War on Drugs。

 泥臭さと浮遊感が同居するような音楽は相変わらずです。ていうか、前作からあんまり変わってないっす。そして、変わってないということは、相変わらず最高っていうことです。

youtu.beこういうフォークロックを聴いてると、音楽が愛おしくて堪らなくなりますね。とにかく大好き。

  

 

 最近、Satomimagaeを初めて聴きました。"Kemri"というアルバム。

Kemri

Kemri

  • サトミマガエ
  • J-Pop
  • ¥1500

 女性ソロのフリーフォークって感じですかね。歌メロがかっこいいので曲全体もあまりぼんやりせず、私のようなポップ耳でも聴きやすいです。

 まだこの方のことをほとんど知らないので、あまりごちゃごちゃ書く気はありません。とにかくものすごく良いです。かっこいい!!!「ぁぁ…」という変な声が自然と口から漏れます。凄くて。

youtu.be

  

アイドルネッサンスのEPがかなり良かったです。ここで突然のアイドル。

前髪がゆれる

前髪がゆれる

 アイルネ初のオリジナル曲をBase Ball Bear小出さんが作詞作曲ということで、ベボベ好きな私は当然聴いたわけですよ。4曲全部手掛けたっていうし。

結果、ものすごく良い曲ばかりでした。小出さん本気のポップスを作りよった。"交感ノート"と"前髪"が特に好きです。"前髪"が名曲すぎます。

"交感ノート"の

踏切が開かなくて君と横に並んだ

ポケットの鍵 無意味に握りしめてみたりして

 っていう歌詞が素晴らしいと思います。

youtu.beyoutu.be"前髪"の歌詞は全部泣けます。本当に。

  

 

そしてそして、元・森は生きているの岡田拓郎さんが遂にソロ楽曲を発表しました!

待ってた…!岡田さんが作るポップスを待っていた…!!当然のように、むちゃくちゃ良い曲でした。

 そして、アルバムがいよいよ10月にリリースとのこと!ROTH BART BARONの三船さんがボーカルとして参加した曲が公開されました。

 ものすごい曲で震えています。泣き笑い状態で聴いています。最も待ち望んでいる作品に大好きなバンドのシンガーが参加していて、その曲が最高だなんて…!音楽好きでよかったなって本気で思いました。アルバムも期待しております。

 

 

 そして、ROTH BART BARONは"Demian"のUKヴァージョンを発表!原曲と音がかなり変わっていて、これはこれで良いものになっていました。甲乙つけがたい…!

Demian (UK mix)

Demian (UK mix)

 新作EPのリリースを予定していたり、RSRでは"Untitled"という曲(おそらく新曲)をやっていたり、楽しみな話題ばかりです!

 あと、個人的に気になっているのがこちら

 f:id:ak94gpac:20170829202313j:image

https://www.facebook.com/rbb.yamagata/

 山形文翔館でのライブ!これは本当に観てみたい!!絶対に合うし。

 企画・運営を手伝ってくれるメンバーを募集してるらしいです。私も参加したいところですが、卒論でヒイヒイ言っていて観に行くので精一杯な予感…う~ん…。

 東北地方のROTH BART BARONファンは運営から携わってみてはいかがでしょう。人任せになっていてお恥ずかしいですが、公演実現をただただ願うものであります。

 

 

 Frank Oceanの新曲については、もはや何も言うまい。さすがっす。

Provider

Provider

  • フランク・オーシャン
  • ポップ
  • ¥250

 

 

 リリースされた作品についての気になったものはこんな感じですかね。Tyler, the Creatorなんかもすごく良かったですが、長くなってきたので割愛。Daniel Caesarもめちゃくちゃ良い感じがビンビンに伝わってきてますが、まだ全然聴けていないので泣く泣く割愛します。でもこれ絶対にすごいやつ。

Flower Boy

Flower Boy

  • タイラー・ザ・クリエイター
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥1600
Freudian

Freudian

  • Daniel Caesar
  • R&B/ソウル
  • ¥1350

 

 

あと、今回はもう一つ書きたいことが!

 

それは、環ROYのライブ。

f:id:ak94gpac:20170822143908j:image

(写真は環ROYさんのTwitterより)

 仙台メディアテークでのライブを観てきました。会場の中央に低めのステージがあり、その四方を客席が囲むという形の会場。

 ライブは本編で新作"なぎ"をアルバム通りの曲順で披露しアンコールで過去の曲もやる、という完全に"なぎ"中心のセット。この2ヶ月間、ずっと新作を聴いている私は、集中MAXで堪能してきました。すごく良いライブ!!

 

 特に印象的だったのが、"ことの次第"の前に披露されたフリースタイル。開演前に配布された折り紙にお客さんが思い思いの言葉を書いてステージに置き、環ROYがそれらの言葉を繋げてラップする、という内容でした。これだけ聞くと、R-指定なんかがやっている「聖徳太子スタイル」みたいですが、全く趣の異なるものです。

 この時の環ROYのフリースタイルは「喋り」というより、「散文詩」をその場で紡いでいるようでした。お客さんが書いた言葉を読み、その言葉そのものや韻に導かれて別な言葉をゆっくり繋げていく。ビートは無く、意味深な短文や単語だけが宙に放り出されていく。

 この次が"ことの次第"だったわけですが、まさにこの曲で書かれている

 

 鳴き声は整理され声に変わる

声は言葉となって意味を纏う

意味は時と場を僕らに与え

時と場は物語を紡いでる

 

二つの拍 繋がりを持った

言葉は音楽へ変わった

そして音に戻り 時と場に融け

時と場は物語を紡いでる

 

というリリックをその場で表現するような内容。フリースタイル中に「まさに、この次第やんけ!!」と思い鳥肌が立ちました。

 

とにかく、"なぎ"は名盤だと思うので、ぜひ聴いてみてください。

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be

なぎ

なぎ

  • 環ROY
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥1800

 

 3000字超えたので、この辺にしておきます。ありがとうございました。

2017年上半期まとめ

f:id:ak94gpac:20170717193113j:image

 

 久しぶりの更新です。忙しくて上半期マイベストをまとめていなかったので、遅ればせながら書いていきます!

 2017年1~7月リリースのアルバムで、良かったものをひたすら列挙するやつです。順位とかは無しでいきます。

 これまでの自分のまとめよりも、個人的趣味による偏りが凄いですが、まあそんなものと思ってください。個人ブログのベストは偏れば偏るほど良い気がする。言い訳ですが。でも、結構ポップです。

 では、どうぞ!

 

 

Fleet Foxes / Crack-Up

f:id:ak94gpac:20170721144207j:image

 待ってましたよ、Fleet Foxesの新作!!リードトラックの"Third of May / Odaigahara"を聴いた時点から確信していましたが、ものすごくいいアルバムです。聴くたびに壮大な大自然に放り込まれます。

 これまでよりも楽曲の土臭さが減っている気がするので、やや苦手に感じていた人も聴きやすくなっているはず。曲の展開は面白いし、メロディやハーモニーの美しさは言うまでもないし、バンドアレンジの地に足がついた壮大さは流石の一言だし、とにかくいい作品だと思います。聴こう。

youtu.be

 

The xx / I See You

f:id:ak94gpac:20170721144245p:image

 こちらも待ち望んでいたThe xxの新作!これまでの「深夜のベッドルームミュージック」という感触はやや薄れたものの、The xxらしさを保ったまま素晴らしいポップミュージックを作り上げてくれました。R&Bの要素が強くなり、これまでになかった軽やかさを手に入れ、同時にこれまでの良さを失っていないなんて、本当に反則みたいなアルバムです。すごい。

youtu.be

 

 

James Vincent McMorrow / True Care

f:id:ak94gpac:20170721144315j:image

 Bon Iverなんかのインディーフォークや、去年のFrank OceanあたりなどのR&B/ソウルが好きな人は必聴!!James Blakeとかのファンにも刺さるはず!!サウンドもボーカルも、お望みのものが聴けますよ!!ものすごいアルバムです。全曲に「すげぇ…」って言いながら聴いてます。サウンドのクオリティもさることながら、歌の上手さが尋常じゃない。かっっこいい!

 今作で初めてこのSSWを知ったんですが、今年の3月に来日してたらしいですね…観たかった……。

youtu.be

 

(Sandy) Alex G / Rocket

f:id:ak94gpac:20170721144338j:image

 やりたい放題とはこのこと、って感じのアルバムです。序盤はカントリー/フォークな 雰囲気の曲が並んでいますが、途中からはノイズにまみれたアヴァンギャルドな曲や「Frank Oceanかよ?!」と思ってしまうような曲まであります。やりたい音楽を全部やってやがる……でも常にグッドメロディ!!そんなところがすごくカッコイイですね。憧れます。

 ローファイSSWによるベッドルーム発のインディーポップアルバム、本気でおすすめです。

youtu.be

youtu.be

 

サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads

f:id:ak94gpac:20170721144401j:image

youtu.be

 リリースの少し前、曽我部氏がサイン・マガジンで2016~2017年の音楽について語っていましたが、そこで話していたことが早速このアルバムに取り入れられていて、軽く感動していました。ヒップホップのビートからの影響を感じたり、予告なしにアルバムの発表をしたり、「リリース」ではなく「シェア」と言ったり。時代の流れに最も敏感なバンドは、実はサニーデイ・サービスだったのだ。

youtu.be

thesignmagazine.com

(上のインタビューは3本立ての最初です。)

 1曲ごとに聴かせるよりもアルバム全体で~、みたいなことも言われてましたが、いやいや全曲かなり良いです。でも、そういう「アルバムを通して聴かせる」みたいな感覚は、やっぱりFUTUREの"FUTURE"あたりから影響されてるんでしょうか。

 C.O.S.A.& KID FRESINOが参加してるのも、個人的にグッとくるポイントでした。彼らが昨年出した"Somewhere"が結構好きだったので、ただただ嬉しい。下に貼った"LOVE"という曲は特に大好きで、今でもよく聴いてます。

youtu.be

 "Popcorn Ballads"内の"街角のファンク"で、FRESINOのリリックに

No one knows me like the piano in my mother's home

というSamphaの新作からの引用があって、テンションぶち上がりました。さすがFRESINO。"Salve - EP"も良かったし、この人すごいよ。

youtu.be

youtu.be

 

 

Base Ball Bear / 光源

f:id:ak94gpac:20170721144425j:image

 ベボベ3人体制初のアルバム。リズム隊の成長によるアレンジの冴え具合が、今作でさらに増しています。しっかし、アルバムごとにどんどん良くなっていくなあ…。

youtu.be

 歌詞もすごいです。1曲目"すべては君のせいで"と最終曲"Darling"のリンクとかね。"逆バタフライ・エフェクト"もアルバムのテーマを象徴する内容として繋がってくるし…。アルバムを通して歌詞の内容が繋がっていく作品、大好きです。ceroの"Obscure Ride"に打ちのめされて以降、こういうの大好物になってしまいました。同じ趣向の方はぜひ"光源"も聴きましょう。あと『ラ・ラ・ランド』と小沢健二の"流動体について"が好きだった人も聴きましょう。つまりはそういう話。"Low Way"の1行目が前作収録の"不思議な夜"と同じだったりするのも象徴的ですね。

 

 

JJJ / HIKARI

f:id:ak94gpac:20170721144448j:image

 Fla$hBackSのJJJによるソロアルバム。そもそもJJJの作るトラックがセンス良すぎて大好きなので(上に貼ったC.O.S.A.& KID FRESINOの"Love"もJJJのプロデュースです)、それをアルバム1枚で味わい尽くせるこのアルバム、好きに決まってますよね。すんごいかっこいい。

メロウな雰囲気が強く、ヒップホップに馴染みのない人も聴きやすいはず。

youtu.be

 

 

Vagabon / Infinite Worlds

f:id:ak94gpac:20170721144519j:image

youtu.be

 カメルーン出身の女性によるプロジェクト、Vagbon。DIY感のあるインディーロックにソウルからの影響を感じるボーカルがすごくいいです。エレクトロっぽいインストも入っていたり、ちょっとフォーキーな曲も入っていたりと、意外と幅も広い。あと、何回でも言うけど歌が本当に最高です。声もメロディも。

youtu.be

 

 

Cornelius / Mellow Waves

f:id:ak94gpac:20170721144542j:image

 いよいよ待ちに待ったコーネリアスの新作。まず先行シングルかつアルバム1曲目の"あなたがいるなら"がとんでもなく素晴らしい。コーネリアスはもともと好きですが、まさか彼の曲で涙ぐむ日が来るとは…!D'Angeloの"Untitled"を思わせるようなゆったりしたビート、拍がずらされ不思議な重なりをみせる上モノ、坂本慎太郎によるシンプルな歌詞、そして小山田圭吾による漂うメロディ。本当にすごい曲を出してきました。

youtu.be

 アルバム全体としては心地よく揺らぐようなサウンドが多いですが(まさにMellow Waves!)、聴きごたえのある音の重ね方がされているので、全く飽きません。いいアルバム!!

youtu.be

 

 

Kendrick Lamar / DAMN.

f:id:ak94gpac:20170721144604j:image

 2017年もやはりこの人が中心になるのでしょうか。フロウもリリックも、流石としか言いようのないアルバムです。もうこれについては僕がとやかく言えるものではないので、みんな渡辺志保さんの解説を読みましょう!!

miyearnzzlabo.com

youtu.be

youtu.be

 

 

環ROY / なぎ

f:id:ak94gpac:20170721144627j:image

環ROYってこんなに良いんだっけ?!?!」という大変失礼な驚きが、最初に聴いた感想でした(ごめんなさい)。真剣なリスナーではないにせよ、過去作も何となく聴いていましたが、今回はレベルが違いすぎるのでは。

youtu.be

「侘び寂びMAXの"22, A Million / Bon Iver"」とも言えそうなトラックが多く、メロウでポップかつ実験的で面白い。環ROYのラップも当然すごくいい。

 絶賛ヘビロテ中です。今年の夏はこの作品さえあれば過ごせそう。

youtu.be

 

 

Kevin Morby / City Music

f:id:ak94gpac:20170721144646j:image

 このアルバムについては、クオリティが高いだの流行りだの言うつもりはありません。只々、僕がこんなフォークロックを偏愛しているだけです。表題曲そんなに良くないだろ、とか心の中でツッコミ入れたりしてるんですが、結局大好きなんですよね。愛しさよ。

 Trevor Sensorの"Andy Warhol's Dream"なんかも良かったんですけど、偏愛フォークロックでこの記事を埋め尽くしても仕方ないので、今回はKevin Morbyで!

youtu.be

 

 以上が2017年上半期マイベストです。2017年も充実ですね。相変わらずバリバリのロックとかハードなタイプの音楽とかは入ってませんが、これがマイベストです。インディーフォークとヒップホップがどんどん好きになります。

 下半期はGrizzly Bear, The War on Drugs, Arcade Fire, Tyler,the Creatorあたりに期待ですかね。楽しみです。

 

 最後に、上半期ベストトラックを貼っておしまいにします。

 

Frank Ocean / Chanel

Chanel

Chanel

  • フランク・オーシャン
  • ポップ
  • ¥250

 

ありがとうございました。

雑感(2017年3-4月)

 

どうも、お久しぶりです。最近の個人的な音楽まとめ第2弾を書いていこうと思います。

 

まずは3月に聴いてよかったものから

 

まずは今年の新譜から

Vagabon - Infinite Worlds

youtu.be

かっこいいですね~!こういうインディーロックは大好きです。好みにドンピシャでした。

MitskiとかNeutral Milk Hotelとかが好きな人にぜひ聞いてほしい。

 

 

その他に良かったアルバムは

Real Estate - In Mind

youtu.be

 

Laura Marling - Semper Femina

youtu.be

あたりでしょうか。Real Estateはもう安心と信頼。

Laura Marlingのこのアルバム、限定盤LPには全曲スタジオライブ盤がついてくるらしい…欲しい…。

 

そして、良かった新曲たちは、このへんですね

Fleet Foxes - Third of May / Odaigahara

youtu.be

Frank Ocean - Chanel

Chanel

Chanel

  • フランク・オーシャン
  • ポップ
  • ¥250

 

この2曲が発表されただけで、僕の3月は大勝利です!どっちも素晴らしい曲で、大好きです。

 Fleet Foxesのアルバムは本当に楽しみ。

 

リイシューで買ったレコードはこの2枚

くるり - ワルツを踊れ

youtu.be

世界一好きなバンド、くるりです。そしてその中でも最も好きなアルバム"ワルツを踊れ"!くるりのアナログ・リイシューはどれも欲しかったのですが、まあまあ値段が高いので手が出せず…。「しかしワルツだけは!」と頑張って買いました。クラシックから影響を受け、ポップで開放的で豊かな音楽が鳴っています。変拍子入れたり、奇数小節で展開したり、変テコなコード進行を使ったり、まさに「アナーキー」といった部分もありながら、すごくポップ。

 

Fernando Oly - Tempo Pra Tudo

f:id:ak94gpac:20170503195101j:image

https://soundcloud.com/diwproducts/wryinisj16m3

 もう一枚はミナス音楽の秘宝、フェルナンド・オリーの自主制作1stアルバム。1981年リリースの作品のリイシューです。素敵なアルバム。めちゃめちゃオススメです。

 

 次は、レコード屋さんで偶然出会ってしまったバンドです。

GUIRO - ABBAU

GUIRO - Album

youtu.be

もう、すごい!!個人的な第一印象としては「ceroと森は生きていると吉田ヨウヘイgroupを足して割らない」という感じ。(この3バンドよりもGUIROの方がキャリア長いから、本当は逆ですが…)

裏ですごく変なフレーズを鳴らしたり、結構むちゃくちゃしてるのに、ポップ音楽としてスルッと聴けてしまう……すごい……。

上記3バンドあたりが好きな人にはオススメです。(ちなみに、ceroでお馴染みの、あだちさんと厚海さんが参加されています)

 

最後、月末に聴いて感動したのがこちら。

yumbo - 鬼火

 f:id:ak94gpac:20170503195150j:image

 https://soundcloud.com/7e-p/sets/yumbo-onibi-epcd092-3

仙台を拠点に活動するyumbo。もともとこの『鬼火』というアルバムは知っていたのですが聴いたことはなく、たまたまSoundcloudで聴いてみたらすごく良かったです。即CDを買いました。

ピアノとホーンによって生み出される優しいサウンドが特徴ですが、時々入るノイズや歌詞からは不穏な印象も受ける不思議なアルバムでした。

CD2枚組14曲というたっぷりなボリュームなので、存分に堪能できます。

 

 

続いて4月。

 

良かった新譜はこのへん

 

Arca - Arca

Arca

Arca

  • Arca
  • エレクトロニック
  • ¥1500

 

実は前作にハマれなかったのですが、今作はかなり好きです。本人によるヴォーカルがかなりフィーチャーされたアルバムになっています。当然、歌モノではないですが。

僕にはこのアルバムを語れる言葉が見つからないので、とりあえず聴いてほしい。

1つ言うとすれば、アートワークがどうしても少し怖くて、アナログを買いませんでした、ってことですかね……欲しいんですけどね……

 

Base Ball Bear - 光源

youtu.be

(後半で流れるのは『光源』収録の"リアリティーズ")

新体制初アルバム。前作『C2』から存在感を増しているベースが今作でも大活躍です。これまでとは違い、ホーンやシンセも入っていますが、結構自然です。ベボベってアルバムを出す度に良いバンドになってますね。

歌詞もかなり凝っているようなので、気にしてみてください。小出さんとライターの三宅さんがやっていたインスタライブで解説を聞けます。(全部で4時間半あります)

youtu.be

 

Father John Misty - Pure Comedy

youtu.be

 元Fleet Foxesメンバー、ジョシュ・マイケルによる素晴らしいアルバム。とにかくグッドメロディー、グッドミュージックに溢れた作品です。

"Total Entertainment Forever"という曲なんか、歌い出しの歌詞はかなり狂ってるんですが、極上のポップソングですからね。しかも3分未満って、噓でしょ。

youtu.be

Bedding Taylor Swift

Every night inside the Oculus Rift

 

そのほかにも良かったのはこのあたりでした!

Kendrick Lamar - DAMN.

youtu.be

AIMMEE MANN - Mental Illness

youtu.be

Penguin Cafe × Cornelius

 f:id:ak94gpac:20170503195734j:image

 

そして4月もやってくれました、Frank Ocean!

Frank Ocean - Biking (feat. JAY Z & Tyler, the Creator)

Biking (feat. JAY Z & Tyler, the Creator) - Single

Biking (feat. JAY Z & Tyler, the Creator) - Single

  • フランク・オーシャン
  • ポップ
  • ¥250

 

Frank Ocean - Lens

Lens - Single

Lens - Single

  • フランク・オーシャン
  • ポップ
  • ¥250

 

もうね、言うことないですよ。さすが。今年も彼の年です。

 

あとは、SSWものを聴いたり、今年の序盤に出たヒップホップをひたすら聴いたり

Bruce Cockburn

youtu.be

The Incredible String Band

youtu.be

Oddisee

youtu.be

Loyle Carner

youtu.be

 

 そんな4月でした。

 

かなり長くなってしまいましたね。まだまだ手探りです。

今回はYouTubeのリンクをたくさん貼ってみたので、気になるものがあったら聴いてみてください。

次回は上半期ベストでしょうか。これから2か月はどうやら忙しそうなので、やれたらやります。

雑感(2017年1-2月)

 

半年毎にベストをまとめているこのブログですが、たまには聴いてる音楽の感想を少し書いておこうかなと思います。Twitterで感想を書いても、振り返るのが難しいのと、字数が限られてしまうので、ついにブログを活用する次第です。

AppleMusicやYouTubeのリンクを貼っておきます。

初回なので、あまり考えずにとりあえず書いてみます。2017年1-2月について。

 

2017年はやはりThe xxから始まった。

 

 

 これがもう傑作。Jameie xxのソロを経て、今まで以上に開けたポップアルバムを作り上げてきた。しかもThe xxらしさを失わずに!すごいですね。代わりに、以前よりも「深夜感」は無くなったかも。リードトラックの"On Hold"とか午前中が似合う感じですし。アルバム中盤までは深夜で、"On Hold"~"I Dare You"では朝になっている感じでしたね。"Replica"など、今までのThe xxらしさがしっかり出ている曲たちも素晴らしいです。

youtu.be

 

他に1月に聴いて良かった新作は

PINK

PINK

あたりでしょうか。

土岐麻子さんの新作は音がパッキパキでカッコイイ!「クイーン・オブ・シティポップ」というコピーで売り出されていますが、昨今の「シティポップ」というイメージからはかなり外れる音な気が…。超ポップで派手でカッコイイです。土岐麻子さんを知っている人ほど驚くのかも。

アート・リンゼイのアルバムはこの新作で初めて聴きましたが、思っていた以上に聴きやすくて、でも奥深く面白くて良いアルバムでした。ブラジル音楽いろいろ聴いてみたい。

クラウド・ナッシングスは、ジャンルを超えた「クロスオーバー」が盛んなこの時代には目もくれず、オルタナギターロック全開。しかも超かっこいい。「レベルを上げて物理で殴る」アルバムでした。

 

旧譜で新しく聴いて良かったのはこの辺。

Peter Gallway

Peter Gallway

  • ピーター・ゴールウェイ
  • シンガーソングライター
  • ¥1600
Moon Gas (Stereo and Mono Remastered)

Moon Gas (Stereo and Mono Remastered)

  • Dick Hyman & Mary Mayo
  • スイング
  • ¥900

 Peter Gallwayは良質SSWもの。山下達郎が大好きとの情報あり。良いアルバム。

『Moon Gas』は説明しにくいけど、流すと部屋がレトロ・フューチャー的宇宙になります。『月世界旅行』みたいな感じ。

youtu.be

 

そして2月。ここでの最大のトピックはやはりChance The Rapperでしょう。

 

youtu.be

グラミー賞最優秀新人部門受賞!(このスピーチかっこよくて好き)

授賞式でのパフォーマンスもエネルギーに溢れていて最高でした。去年のケンドリック・ラマーにも匹敵するような力強さ(向きは全く違いますが)。

最近になって公開された"Same Drugs"のMVも素晴らしかったです。歌詞も読んだうえで観ると更に良い。

youtu.be

When did you change?

Wendy, you've aged

I thought you'd never grow up

 「時を経ること」を歌い上げ、それを

We don't do the same drugs no more

というコーラスでまとめてしまう。切なさで胸がいっぱいです。凄すぎる。しかもこの"Wendy"が、ピーターパンのウェンディだけでなく、チャンス君の地元であるシカゴ(Windy City)を意味すると考えると、もうこのラッパーに圧倒されるしかないわけです。

Coloring Book

Coloring Book

  • チャンス・ザ・ラッパー
  • ヒップホップ/ラップ

 

 

小沢健二の復活もちょっと感動的だった。

f:id:ak94gpac:20170307200408j:image

小沢健二 / 流動体について

僕がオザケンの曲で一番好きなのが"ある光"でして、新曲"流動体について"がどう聴いても続編なんですよね。

 

youtu.be

"ある光"で飛行機に乗り込んでNYに消えてしまった小沢健二が、"流動体について"では飛行機で東京に戻ってきている…!みたいなことをずっと考えていました。あと、新曲は単純にすごく好きです。

 

その他、聴いて特に良かった新作はこの辺です。

Process

Process

  • Sampha
  • エレクトロニック
  • ¥1500
Drunk

Drunk

  • Thundercat
  • R&B/ソウル
  • ¥1500

 

あと、旧譜とは違いますが、岡田拓郎さんがアップしていた"New Blackfolk 99"というプレイリストが途轍もなく良かった。Fleet FoxesとかGrizzly Bearってやっぱり超すごい!とか思ったりしてます。
https://itunes.apple.com/jp/playlist/new-blackfolk-99/idpl.d447885fcf344067a4b927620de764c3

岡田さんのアルバムはほぼ完成しているようで、ソワソワしています。楽しみ。

 

 

こんな感じの2017年1-2月でした。2ヶ月ぶん書くと、それなりの分量になりますね。毎月書くか、もう少し中身の濃いものを頑張って書くか、考えてみます。

私的ベストアルバム2016

 

f:id:ak94gpac:20161229212326j:image

 2016年、ポップ音楽にとってはとても幸せな1年だったと思います。素晴らしいアルバムばかりでした。聴いていて思わず感嘆の声が漏れてしまうような作品が何枚もリリースされ心が躍る日々。こんな素晴らしい年が続けばいいな、と能天気に考えています。

 今年も、年間ベストアルバムをここに残しておこうと思います。今年は20枚!個人的によく聴いたアルバムをまとめておきました。

 

ちなみにこちらが去年の年間ベスト

 

ak94gpac.hatenablog.com

 

 

 今年は良い作品が多いだけにランキングをつけるのが難しすぎました。そこで今回は、あまり細かい順位はつけないでおこうと思います。無理やりランキングしても仕方ないので。

 

 個人的に抜群に好きな作品が5枚あったので、それらはしっかり書かせていただきました。順位もしっかりつけました。

しかし、6~20位も良い作品ばかりなので、ぜひ聴いてみてください!YouTubeリンク大量に貼りましたので。(レビューは1行ぐらいで)

 

 

 

では、いきましょう。まずはいきなりですが、TOP20ギリギリ選外から。

 

次点

f:id:ak94gpac:20161229212443j:image

John K. Samson / Winter Wheat

THE NOVEMBERS / Hallelujah

ANOHNI / Hopelessness

TAMTAM / NEWPOESY

 

 

 

続いて、20→10位!(順番に意味はありません)

 

Savages / Adore Life f:id:ak94gpac:20161228162053j:image

youtu.be

 ロック不発と言われる2016年に最もかっこよかったロックバンドは間違いなくSavages。ポスト・ハードコア。

 

 

Chance The Rapper / Coloring Bookf:id:ak94gpac:20161228162230j:image

 

youtu.be

 黒人音楽をゴスペルまで混ぜ込んだヒップホップ。完璧。

 

 

Anderson .Paak / Malibuf:id:ak94gpac:20161228162308j:image

 

youtu.be

 新進気鋭のラッパー。かっこよすぎる。

 

 

Francis and the Lights / Farewell, Starlite! f:id:ak94gpac:20161228162331j:image

youtu.be

 「デジタルクワイア」とも言われるボーカル技法の立役者。こちらはカニエウエストとボンイヴェールまでfeatされた豪華コラボ曲。

 

 

METAFIVE / META! f:id:ak94gpac:20161228162356j:image

youtu.be

 反則級のメンバーによる反則級のアルバム。良いに決まってんだろ!

 

 

The Last Shadow Puppets / Everything You've Come to Expectf:id:ak94gpac:20161228162519j:image

 

youtu.be

 ゴージャスなサウンドの豊かなポップソング。最近このタイプの音楽ってなかなか無いのでは。

 

 

Shabaka and the Ancestors / Wisdom of Elders f:id:ak94gpac:20161228162554j:image

 

youtu.be

 民族音楽を取り込んだジャズfromイギリス。カマシ・ワシントンとはまた違いますが、カマシが好きだった人は是非。

 

 

Moddi / Unsongsf:id:ak94gpac:20161228162620j:image

 

youtu.be

 トラッドフォークの匂いが漂う北欧フォーク・ポップ。北欧好き必聴。

 

 

American Football / American Football (2) f:id:ak94gpac:20161228162656j:image

 

youtu.be

 さすがアメフト。久々すぎて不安でしたが、杞憂でしたね。素晴らしい。

 

 

Finnegan Shanahan / The Two Halves f:id:ak94gpac:20161228162727j:image

 

youtu.be

 ポストロックとかRadioheadとか好きな人にはハマりそうなインディー・クラシック。展開も豊富で素晴らしい作品です。

 

 

 

 

さてここからTOP10!まずは6→10位。(こちらも順番に意味なし)

 

 

 

Klan Aileen / Klan Aileen f:id:ak94gpac:20161228162806j:image

 

vimeo.com

 退廃的で美しいノイズを撒き散らすバンド。轟音、ノイズ好きは必聴。

 

 

Mitski / Puberty2 f:id:ak94gpac:20161228162859j:image

 

youtu.be

 インディー・オルタナの救世主ことMitski。めちゃくちゃ良い曲です。

 

 

David Bowie / ★ f:id:ak94gpac:20161228162922p:image

 

youtu.be

 自分の死すらもアルバムの演出にしてしまうというとんでもない作品。ラストアルバムと分かっているのに微塵も懐古的でないのも凄い。そしてクオリティーが高い。

 

 

サニーデイ・サービス / DANCE TO YOU f:id:ak94gpac:20161228163006j:image

 

youtu.be

 緩やかに鮮やかにダンスするようなアルバム。曽我部恵一の多彩なギターフレーズも素晴らしい。"セツナ"名曲です。

 

 

Whitney / Light up on the Lake f:id:ak94gpac:20161228163028j:image

youtu.be

 カントリー・ソウル!ズルいなと思うような音楽性ですね。良すぎる。

 

 

 

さて、ここからはTOP5!順位もレビュー(というか感想文)もちゃんとつけました!どうぞ。

 

 

5. cero / 街の報せf:id:ak94gpac:20161228163101j:image 

youtu.be

 

すいません、シングルだけどカウントさせてください。こんな素晴らしい作品を無視なんてできません!

ベッタリとした揺れるグルーヴを極上のポップソングに纏め上げるすごさよ。名盤『Obscure Ride』からさらに進化したceroがここに!っていう感じのシングルです。歌詞もMVもこの上なく素敵。街に無数に存在するそれぞれの愛しい夜が鮮やかに立ち上がってくるような感覚を覚える。

また、カップリングの"ロープウェー"と"よきせぬ"もすごい。個人的には"ロープウェー"が大好き。抑制されたトラックの素晴らしさもさることながら、歌詞がとんでもない。

Everything's Gone To The Foggy Outside

やがて人生は次のコーナーに

人生が次のコーナーに差し掛かって

繰り返されるこの歌詞のすごさよ。「foggy」と「コーナー」というワードから先の見えない不安も感じる。しかし、"街の報せ"の歌詞に

携帯の充電がとっくに切れたけど

坂道を登り振り返れば

(悪くはないんだよ)

というラインがあるおかげで、この「コーナー」の先も悪くはないような気がしてくる。曲順の妙ですね。

 

 

4. Radiohead / A Moon Shaped Poolf:id:ak94gpac:20161228163153j:image

 

youtu.be

リリースから半年以上経っても、聴くたびに発見がある。そんな奥深く美しいアルバムである。Radioheadが追求してきた美しさの結実!ポップミュージックの秘境とはこの作品である。しかし、いくら聴いても近くならない、こちらとは隔絶した世界が広がっているよう。

サマーソニックで観た時、このアルバムの曲がライブでもしっかり映えていたことが印象的でした。(少し意外だった)

トム・ヨークが、長年連れ添ったパートナーであるレイチェルと別れたことがこのアルバムに大きく影響している、と言われていました。そしてこの年末にそのレイチェルが癌で亡くなったとのこと。このアルバムの意味が変わってきそう。僕たちはこれからどんな気持ちで"True Love Waits"を聴いたらいいのでしょう。

 

 

3. 宇多田ヒカル / Fantome f:id:ak94gpac:20161228163212j:image

 

youtu.be

youtu.be

ついに宇多田ヒカルが帰ってきた!ここまで強いポップミュージックが近年の日本にあっただろうか?!…などと余計なことを言ってしまいそうだが、間違いなく名作である。

"俺の彼女"や"忘却"などから窺えるボーカルの表現力の高さや、アルバム全体のストリングスアレンジのレベルの高さ(これは本当にすごい)など、恐ろしくクオリティが高い。サウンドの質感が日本人離れしていて、聴いていて真っ先に連想したのはFrank Oceanだった(宇多田ヒカルとFrank Ocean両者のアルバムにKOHHが参加しているのも面白い)。

B面の曲順に振り回された人も多い気がするが(曲調も歌詞の視点も真逆と言える曲が並ぶ)、個人的にはとにかく全曲大好きだったので、TOP3です。

 

 

 

2. Bon Iver / 22, A Million f:id:ak94gpac:20161228163229j:image

 

youtu.be

ジャスティン・バーノンは一体どうしてしまったんだ?!と驚かされた人は多いだろう。自分も最初は、何が何だか分からなかった。だってボン・イヴェールっていったらもっとフォーキーで壮大で冬にぴったりの、あのボン・イヴェールだよ?!

何層にも重なるデジタル加工されたジャスティンの声、ぶっ飛んだサウンド。凄すぎる。しかし、テキトーな曲をサウンドの新しさでごり押ししているわけではない。素晴らしいソングライティングと大胆なプロダクションの融合が、このアルバムを傑作たらしめる所以である(重要)。ボン・イヴェール、流石だ。"33 GOD"は個人的な年間ベストソングの1つですね。

 

youtu.be

ちなみにこちら、ボン・イヴェールからのクリスマスプレゼントのようなライブ映像。過去の曲のアレンジも大胆に変わっている。また来日してほしいな。

今年の2月に観たBon Iverのライブは人生のベストアクトです。心の奥底まで響いてくるライブでした。余談ですが、この時のライブに打ちのめされた僕は「フォークを土台に組み込んだバンドを組もう!」と決意。翌日の午前中には御茶ノ水へ行き、白いテレキャスターを購入したのでした。

 

 

 

 

1. Frank Ocean / Blonde f:id:ak94gpac:20161228163256j:image

 

vimeo.com

間違いなく、2016年に最もよく聴いていたアルバムはこの『Blonde』だった。

ビートを取り払い、浮遊感と奥行きをもってリスナーを包み込むサウンド。そこに乗るフランク・オーシャンの声。とにかく美しい。"Self Control"や"Godspeed"では歌が入ってきた瞬間に涙腺が決壊しそうになる。Radioheadの『A Moon Shaped Pool』の美しさとは異なる、もっと近い距離から心の柔らかい部分を撫でてくるような作品だった。

文句なしに、今年の年間ベストアルバムです。

 

 

 

というわけで、以上が2016年ベストアルバム20+αでした。

私のランキングは個人的な好みでしたが、2016年がどんな年だったかを切り取るようなランキングもたくさん発表されているので、そちらも要チェックですね。

 

来年はThe xxから2017年が始まりそうです。

 

youtu.be

 

これはいい予感…!

Fleet Foxesのリリースも噂されていますし、来年も楽しみですね。

2016上半期ベストアルバム

 

f:id:ak94gpac:20160708152209j:image

 

お久しぶりです。大学で訳が分からないほど地層ばかり見ていたら、更新を忘れていました。生きてます。

気付けば6月。「上半期ベストアルバム」という楽しい遊びの季節。せっかくの音楽ブログだし、備忘録としてもやらなきゃ勿体無い。

去年の上半期ベストよりも真面目にやります。とりあえず、10作品。今回は順位無しです。ランキングは年末に。

いい曲しか貼らないから、ぜひ再生してくれ!

 

 

 

 

Radiohead / A Moon Shaped Pool

 f:id:ak94gpac:20160615105147j:image

遂にリリースされたRadioheadの新作!リリース日に早起きして朝から聴きました(朝に聴くのは不正解だった気もします…)

アンビエントやポスト・クラシカルの印象がかなり強いアルバム。メロディの強さよりもサウンド全体の陶酔感で聴かせるタイプ、という印象。

とりあえず、この新曲"Daydreaming"を聴いてくれ。このページを開いてしまった人は全員、興味が無くてもとりあえず聴いてくれ。お願いします。

 

youtu.be

最高だ……

本当に白昼夢に飲み込まれていくような、目の前の風景が全て捻れて滲んでいくような感覚にさせられる曲。

 

もちろん、気に入らない人もいるだろう。

キャッチ―なメロディがあるわけでもないし、分かりやすいサウンドではない。調性も曖昧で捉えどころが無く、暗い。

アルバム全体もこんなトーンなので、「退屈なアルバム」と片付けられても仕方ないとすら思う。リスナーがRadioheadに期待してしまう「斬新さ」も特にない(ここまでアンビエントに影響された音楽をロックバンドがやるというのは珍しいかもしれないが、そもそも彼らを普通のロックバンドに括って評価するのが筋違い)。ついに収録された"True Love Waits"のメロディとコード感が他の曲から浮いている、というのも事実(本当にいい曲だけど)。

 

それでも、いいアルバムだ!と感じている。Radioheadがこれまでも鳴らしてきた「美しさ」が詰まっている。聴いていると、ぼんやりと曖昧な美しさに身を任せて消えてしまえそう。最終曲"True Love Waits"が終わると、Radioheadに置いていかれたような気分になる。消えてしまえそうな気分だけ聴き手に残して、彼らは音と共にいなくなってしまう。ずるい。もう一度"Burn The Witch"から聴き直す。

 

このアルバムを聴くと「森は生きている」というバンドの『グッド・ナイト』という作品を思い出す。ぼんやりしていると捉えどころもなく聞き流してしまいそうだが、一歩踏み込めばそこには音楽の秘境が広がっているような気がする。「分かりやすく消費されていく音楽」の対極にある存在、と言ったら怒られるだろうか。多方面から怒られそうだ。

今後も聴いていくつもり。理解できる日が来ると信じたい。

 

 

 

 

METAFIVE / META

 f:id:ak94gpac:20160615105237j:image

天才たちの集い、METAFIVE!高橋幸宏小山田圭吾砂原良徳TOWA TEIゴンドウトモヒコLEO今井という反則級のメンバー。そりゃあ傑作ができるわけだ!

ギターとシンセが鮮やかに飛び交うダンスミュージック。しかし絶対に下品にならない。なるわけがない(ほとんどYMOだしね)。ビートとボーカルに身を任せてもいいし、何重にもレイヤーされたフレーズを一つ一つ確かめるように聴き込んでもいい。どんな聴き方をしても面白くて気持ちいいはず。

 

youtu.be

もう出だしからかっこいいよ。ずるいよ。アルバム聴いてるとニヤニヤが止まらない。

濃密すぎて少し疲れるから何回も聴けないけど、こんなメンバーでさらっとしたアルバム作られてもがっかりしそうだから、これでオッケーではないでしょうか。

 

 

 

 

Daughter / Not To Disappear

 f:id:ak94gpac:20160615105302j:image

イギリス期待のバンド、Daughterの2ndアルバム。ちょっと異常なぐらい良いアルバムです。感動してしまった

1stと同様、The xxのような暗く美しい雰囲気を持った曲が並ぶ。クオリティーがとてつもなく高い。そして時々、歌とギターで泣かせにくる。ズルい。

 

youtu.be

一番キャッチ―なリード曲"How"を貼っておきます。きのこ帝国とかが好きな人は絶対に気に入るはず!アルバムはきのこ帝国っぽくないけど、この曲を入り口に聴いてくれたら嬉しい。

 

 

 

 

Klan Aileen / Nightseeing

 f:id:ak94gpac:20160615105309j:image

こちらは曲の紹介です。2012年に出した『Astroride』以降、僕は彼らの活動をほとんど追えていませんでしたが、どうやらほとんど新曲を出していなかったよう。久しぶりに、ガツンとやってくれました。これからも楽しみです。

 

youtu.be

グランジ、ノイズ、轟音好きは必聴!!轟音好きは必聴!!!(大切なので2回)

『Astroride』の頃のブルース・サイケとは違う、ヒリヒリした轟音が突き刺さる曲。かっこよすぎる。このギターノイズだけでKOされてしまいそう。

リリースが7inchだけなのがちょっと残念。しかも即完売。アルバム出してくれ、お願いします。

 

 

 

 

 Whitney / Light Upon The Lake

 f:id:ak94gpac:20160616110952j:image

この記事を書き始めてから初めて聴いています。アメリカのバンドだそうで、これがデビューアルバムとのこと。すごい新人が出てきたな…

 

youtu.be

素敵すぎませんか…これ……

彼らのTwitterプロフィールの通り「country soul」といった雰囲気のアルバム。ファルセットで歌われる爽やかグッドメロディ。アレンジは風通しが良いように聴かせながらも、何本ものギターと管弦楽器が重ねられていて惚れ惚れする響き。

このカントリーな質感は絶対に武器になるので、是非とも捨てないでブラッシュアップしていってほしい。(別にどこかの金持ち農夫の話なんかしてませんよ?)

蛇足だけど、バンド名がホイットニー・ヒューストンとかぶるせいで検索しにくいのはいいんですかね…

 

 

 

 

ANOHNI / Hopelessness

f:id:ak94gpac:20160617110425j:image

 Antony and the Johnsonsでの活動でも知られるANOHNI(旧名Antony Hegarty)によるアルバム。アノーニ名義でのアルバムは初とのこと。まずは音を聴いてみましょう。

 

youtu.be

何よりまずこの声!!滑らかだが、内側で強い感情が燃えているような声(歌詞による印象も強いかも)。非常に魅力的です。

サウンドはAntony and the Johnsonsの路線とは全く異なる、壮大で電子的なサウンド。しかも大味な力技ではなく、かなり凝った音の構成。アルバムを聴きながら、うわーこんな音入れるのかスゲえ!、って何回も驚きました。というか、うわー、って何回か思わず声に出しました。痺れる。

今作は歌詞の内容が非常にシリアスで、そこも重要な要素になってきていますが、手元に歌詞が無くあまりチェックできていないので、割愛します。調べてみるとインタビュー記事が複数ヒットするはずなので、気になる方は是非。

 

 

 

 

De Rosa / Weem

 f:id:ak94gpac:20160620234347j:image

スコットランドのバンドDe Rosaの3rdアルバム。フォークが基調となっている、冷たい質感のインディーロックアルバム。ギターのアルペジオが綺麗です。

このバンドを取り上げようと思った理由は、とにかく先行シングル”Spectres”がいい曲だったこと。ちょっと聴いてみてくださいな。

 

youtu.be

透き通るような、美しい曲。全ての音がきらきらしている。上半期ベスト級の曲だと思ってる。

ちなみに、アルバム全体はもうちょっと陰のある雰囲気です。たまにトラッドみたいな匂いもします。おすすめの一枚。

 

 

 

 

Special Favorite Music / World's Magic

 f:id:ak94gpac:20160616110942j:image

オシャレキラキラ大編成シティポップ。もうジャケットからオシャレ。最近シティポップバンドはお腹一杯だしあまりにもキラキラっぽくて馴染まないかな、と思ってた。まあ、試しに1回聴いてみるか…

 

youtu.be

すいません、すごくいい曲でした。

バイトが終わった後の深夜にヘロヘロ帰りながら、頭空っぽにして聴くのが好きです。特にこの"Magic Hour"という曲がいい。チルアウトしよう。他の曲はもっとキラキラオシャレ感強めでしたが、素朴さも感じるいいアルバム!

 

 

 

 

Mitski / Puberty 2

f:id:ak94gpac:20160630154717j:image

この記事をひと通り書き終わり、アップする直前に発見しました、Mitski。ちょっともう本当にいいアルバムだよこれは。

  

youtu.be

アコースティックな音もノイジーなギターも感傷的な気持ちもエモーショナルな展開も美しい歌も何でもかんでも全部入ってるポップソング。聴いていて本当にワクワクする。ポップソングってこういうことでしょ!

もうこれ以上言うことないや。素晴らしい。ギリギリで素晴らしい作品に出会えて良かったです。

 

 

 

 

 

Finnegan Shanahan & Contemporaneous / The Two Halves

f:id:ak94gpac:20160707125525j:image

これ、本当は内緒にしておきたかったよ。ほとんど話題になってないし、こっそり楽しんでニヤニヤしてようかとも思ったよ。すごくいい音楽を見つけてしまったんだよ。

とりあえず、アルバムのトレーラーをどうぞ。ものすごく短いけど。

 

youtu.be

ワクワクする音楽が鳴っている…

ポストクラシカルど真ん中な音もあれば、ポップやジャズの感覚が強いシーンも多い。ポストクラシカルなんてお上品で聴いてられっかよ、という人にもおすすめです。

もうこのアルバムについては言うことがありません。ただただワクワクする『音楽』。最高ですね。大好き。

 

 

 

 

…ざっとこんなところでしょうか。紹介にしては、一枚一枚わりかし丁寧に書いてしまったので、年末に書くことが無くなりそうで不安です…。

 

上に紹介した他にも…

 

David Bowie / ★

入江陽 / SF

Kendrick Lamar / untitled unmastered.

スカート / CALL

D.A.N. / D.A.N.

Stephen Steinbrink / Anagrams

Chance the Rapper / Coloring Book

王舟 / PICTURE

James Blake / The Colour in Anything

Anderson .Paak / Malibu

 

 

…などなど、どれも良くて粒ぞろいの2016年上半期でした。書きたいのはやまやまですが、文章が長くなってきたので割愛します……

(David Bowieに関しては、今さら僕が書くことなんてないです。遺作とか関係なく素晴らしいアルバム。)

 

2016年後半も楽しみです。早速The Avalanchesがかましてくれていますね!

年末には年間ベストを(多分)やるので、時間と興味がある方はどうぞお付き合いください。

 

もはや恋

 

突然ですが、あなたには好きな曲ってありますか?心の底から好きな曲。

僕にはあります。

 

例えばこれ。

 

煙夜の夢 / 森は生きている


森は生きている - 煙夜の夢 a,香水壜と少女 b,空虚な肖像画 c,煙夜の夢(夜が固まる前)

 

 

心の底から好きな曲です。曲への愛が溢れて止まりません。ここまでくると、17分とかいう阿保みたいな尺さえ愛しいです。聴くたびに頭が真っ白になって「うわぁ…めちゃくちゃいい曲じゃん…」と語彙を欠きながら感動しています。聴いてるとニヤニヤしてきます。なんなら聴かなくても、この曲のことを考えれば楽しいです。「どこが好きなの?」と聞かれたなら、「どこがとかじゃないんだよ!好きなんだよ!」とか叫ぶに違いありません。そのくせ、本気で好きな点を語ろうとします。もう冒頭のコードも音も最高だよね。ドラムが入って混沌としてくるところも好き。このへんはArchimedes Badkarの影響が表れててニヤニヤしちゃうね。管楽器の入れ方には圧倒される。けどもっと圧倒的なのはこの後のロックなパート。まだイントロなのに感動。そもそもこの曲の序盤6分を「イントロ」と言っていいのか疑問だけど(笑)。ロックパートに入る直前に目覚まし時計の音が入るのもいいよね。A Day In The Lifeみたいじゃん。bに入ってからのサイケな音も好き。aの混沌としたパートもだけど、エグいノイズとか入りまくってるのに聴きやすいのはすごい。だけどbは後半のパートが最高。コーラスと楽器の響きが美しすぎる。広がりがある音の重ね方これどうなってんの。bとcの繋げ方はもう違う曲を繋いでるみたいで毎回少し笑っちゃう。けどcが無いとこの曲は終われないよね。夢から覚めたような感覚。「カーブミラーに夢を見た」っていう一言目が何故か好き。ラストのクリーンなギターとフルートの絡みで幸せを毎回噛み締めてる。ていうかこの異常なまでの音数で隙間が多いように聴かせるミックスなんなの、すごすぎ。あ、「17分とかいう阿保みたいな尺」っていうのは「普段5分前後の曲をやっているバンドとして」の話ですよ。プログレは別ですよ。まあこの曲はプログレみたいなもんですけど。

 

 

 

 

 で、最近気づいたんですよ。

 

これって、もはや恋じゃない?と。

 

曲に恋してない?と。



盲目的に溺愛してるこの感じ、好きな女の子への気持ちが溢れすぎてる男子、って感じがすごい。最高に中高生みたい(いい意味で)。

(危ない意味は無いですよ…。例えですから……。)


 こういう感覚になれる曲って、多分500曲に1曲ぐらいな気がするけど、そういう曲に出会えると本当に幸せですね。

 

 

さて、改めて質問です。

 

好きな曲ってありますか?

こういう、半ば恋してるみたいな曲。

 

このブログを見てるのはほぼツイッターのフォロワーさん達で、大多数が音楽好きな人なので、ちょっと聞いてみたくなってこの記事を書いてます。こんなふうに盲目的に好きになる曲ってみんなあるのかな?、と。

色んな人の「この曲が好きだ!」っていう話が聞いてみたい。「あたし他人の惚気話聞くの好きなのよね〜幸せな気分になれるし〜」っていって「わかるー!」と相槌打ちまくる女子みたいな気持ちで、待ってます。

 

 

最後に、僕が最近心底好きになってしまった曲を貼っておきます。

 

Spectres / De Rosa

youtu.be


スコットランドのバンドDe Rosaの新作『Weem』から。結構いいアルバムですが、特に1曲目のこの曲が最高です。

f:id:ak94gpac:20160210210657j:image


ふわっとしてますが、終わりです。2016年も宜しくお願いします。